一般にはクレカの限度額がユーザーがよく払う金額よりゆるめに設定していると顧客は余裕だと勘違いして必要以上にクレカを利用してしまったりするようですね。こうしたカードへの過度の依存を抑制する目的でクレジットカードの最大金額をあらかじめ少なめにしておこうという意見がこれから見る記事の主旨です。利用限度額をコントロールする方法:契約カードの利用限度額を減らすことは月ごとの限度額を引き上げるやり方と大差なく、便利です。お手元のカードのバックに記されている専用窓口にダイヤルして、「月ごとの限度額を引き下げたい」のように電話に出た人に対してお願いするだけです。通常はすでにある月ごとの限度額と比較して少なければ、手続きもなくそのまま設定ができます。月の利用限度額を引き下げるのは危険を避けることに繋がっている▽カードの利用限度額を減らしておくことは、節約というような良いことのみならず防犯対策にも影響します。万が一、財布の中のクレカが誰かの手に渡り乱用される場合でも前もって持っているカードの上限を低く決めておけば損害を可能な限り減らすようにできるからなのです。ここで言っておきたいのは、クレカが知らない間に使用されてしまったような状況でも使用者に明らかな過失がない場合は、盗難保険として知られるカード保険があなたを支えてくれるから心配することではないですがもしもの時のことを頭に入れておき普段必要ないような上限は低くしておくのも良い方法だと思います。必要以上の金額は百害あって一利なし・・・にすぎません。

Copyright © 2002 www.radiocfml.com All Rights Reserved.